Love is blind!!
恋は盲目! 誰に恋するワケでもないけど、敢えて言うなら青春自体に恋してる!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/25(日)   CATEGORY: ナカムーラ家。
ナカムーラ家の出会い-prologue-
いよいよはじまります。大型長編!
実を言うと、これは原作があります。

著者の方や、その他関係者様とは、哀しきかな、なんら関係はありません。


それは、ハナビラ舞い散る、2年前の春の季節のことでした。




世界で一番偉い人が拉致、監禁されてから数日。
チェリ子はあわてることもなく、かといって同情したりすることもなく、学校の階段を上っていました。

そこ、酷いとか言わない

たどり着いたのは屋上。
ドアを開けようとすると・・・

ばこん★

「ぶっ!?」

ドアがいきなり開いて、チェリ子の鼻柱に激突。
後ろから、親友(自称)のマホさんが押さえてくれます。

格好は、〔人と人が支えあってる〕の図、参照。

そして、ドアを開けた張本人を見ると。


「何やってんの?」

腰に手を当て、王様のポーズ!をした人が。

「私は、ここに薬草を取りに来たんです!」
「私は、ここの薬草を取って売り飛ばして金にしようとしてたんです

マホさん!?
違う違う!

「で、あんたら誰?」
王様ポーズの人が、あきれた声をだします。

「自分から名乗れよ!」
「シン」

「シン・・・?」

即答されて頭が一瞬停止。
んん?聞いたことあるぞ・・・?

「今、あんたらが思い浮かべてるのは、違うシンだから。
そっちのシンは、この前手術に成功したやつ。人違いだよ」

うそ。いや、ごめんね。
ここは、チェリ子のフォローを・・・。

「そっか、まだスポットの当たってないシンさんか!」

間。

え、何?滑った!?
と、後ろと前から、ぶはっという声が。
マホさんとシンさんが、しゃがみこんでます。

笑っているようです。
ひとしきり笑い終えてから、マホさんが立ち上がります。

「私は、マホ。こっちがチェリ子だよ」
「マホに、チェリ子ね。あ、向こうにいるのはリサってやつ。ホラ、下のグランド見てる・・・あいつ、陸上部のエースに恋してんだ」

それから、シンさんは薬草咲き誇る屋上の隅で下を覗き込んでいるリサという人を呼びます。

「なに?シン・・・あ、入部希望?」
「入部?」

屋上で何部を作っているんだ!?

「薬園部。薬園の平和を守ってるの!
私はリサ。屋上の観察者だよ。ね、シン!」

うん、と頷いたシンさん。次は、と指をフェンス方向に動かす。

「アイツは、モエ。人殺しだ」

はあ?!

「そ、れって?」
「私、ウワサされてる?」

いつの間にか、リサさんの肩越しにモエさん、という人が立っています。

「人殺しって、ひどいなあ・・・」
確かに、人を殺せなそうな顔してる・・・。

「チェリ子、ちょっと・・・私」

マホさんが耳打ちしてきます。
私も、多分おんなじ考えだよ・・・。

「あの、」
「ストップ。その先は言わなくていい」

え?!

「入りたいんでしょ?薬園部!」
リサさんがどうだ、みたいな顔で腕を組みます。

「え、ちが・・・」
「いいじゃん、薬園部」

U★SO★DA★RO★

マホさん、意見の相違!

「入ろうよ、チェリ子!」

なんで、こうなるのかなあ・・・。




「ただいまあ・・」
薬園部とかいう、何に情熱をかけたらいいのか分からない部に入ると宣言した後。
色々説明され、やっと家路についたチェリ子。

「おかえりー」

玄関の奥のほうから神が顔を出します。
神は、ユウキという名前らしいです。
らしい、というのも、おかしいですが、チェリ子とチェリ子の愚弟は孤児。
神とは血がつながっていません。

路頭で彷徨ってるところを神が保護してくれたのです。
だから、神。

神は、本当はとても大きい城に住んでいるらしんですが、そこは触れるのがタブーらしいです。

チェリ子の叔父さんに当たる人と神は知り合いで、今はそこに神と共に住まわしてもらっています。
叔父さんの仕事は、アレな方のホテルの運営。
別に、女や酒におぼれてるワケではないです。

チェリ子も、時々神と手伝いをしますよ。

「チェリ子、ミサイルの命中率がどんどん高くなってるんだよ」
神が、叔父さんの事務所(リビング)にあるテレビを指差します。

「ふーん・・・」

ミサイル、というのは。
今、世界で一番偉い人、即ち米国の大統領を拉致監禁している武装集団が、あと数週間で発射すると予告している核兵器のこと。因みに、監禁場所は軍事基地。
毎日のようにテレビに映る大統領に対する罵倒。
いつもべらべらしゃべってる彼はとっても静か。
怒んないのかなあ?

テレビでは、コメディアンが「逃げてはいけない!立ち向かえ」と力説しています。
あんたねえ、ミサイルに立ち向かえるのはウルトラさんちのお母さんくらいですよ。

「そういや、カズは?」
カズ、というのが私の愛すべき愚弟の名。
神の計らいで、カズはロックを始めていました。

「奥にいるよ。友達も来てるみたい」

水、もってってやんな、と神が1リットルペットボトルを投げつけてきます

危なっ!

奥にあるライブハウスのドアを開けると、音が一気に流れ込んできます。

「あ、姉ちゃん」
「あ、チェリちゃん」

カズの隣にいるのは、ロック界では有名(らしい)なフーさん。
我が愚弟にギターを教えてくれています。

「水、もってきたよ」
「お、サンキュー」

カズは、ギターを担いで水に駆け寄る。

「あ、そうそう。チェリちゃん、おじさんが呼んでたよ」

フーさんはギターをケースに入れながら言います。
そうか、もう仕事の時間か。

お礼を言って、部屋を出ます。
カズが、「ロックで世界を救ってやるぜ!」と豪語。
フーさんも横でギターをかき鳴らす真似をしています。


叔父さんのところにいくと、外で待っている女の人の用件を訊いてほしい、との事。

二つ返事で外へ出ると、真紅のミニドレスを着た女の人がきょろきょろしています。

「あ、僕・・・ココの家の子?」

僕・・・?私、女ですけど。
まあいいや。

「はい。なんでしょう?」
「忘れ物、なかったかしら?」

うーん・・・さっき見たときにはなかったって、神がいってたなあ・・・

「なかったと、思います」

女の人は、そう・・・と呟いてから、お礼をいって去っていきました。



今日の出来事が、私の日常を変えるなんて、思っても見ませんでした。


つづく。






スポンサーサイト
Copyright © Love is blind!!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。