Love is blind!!
恋は盲目! 誰に恋するワケでもないけど、敢えて言うなら青春自体に恋してる!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/22(月)   CATEGORY: ナカムーラ家。
ナカムーラ家の親睦会。
こんばんは。チェリ子はこの前、隣国との親睦パーティーに行ってきました。

つうか、暇で暇でしょうがなかったんです。
ってのは嘘。
それでは、今日はこのお話を。



煌びやかなシャンデリア。優雅に踊る人々。
部屋の中には煌めきを放つ料理が所狭しと並んでいます。

チェリ子達は、隣国で行われた親睦会に来ています。

なんでも、かなり偉い王子様がいるらしいですね。
ええ。まあ。
人々の熱気がすごくて、チェリ子は外に出てたんです。

しばらくボーっとしてると、中が騒がしくなりました。

嫌なよかん・・・だぜ!!

急いで戻り、みんなが集まっているホールに続く螺旋階段を数段登ると、壁にもたれかかっている黒いスーツの人が。

この人は…このパーティに来てる偉い王子様の教育係のアランさん。
強面な顔を、ぐにゃりとゆがませています。

「あ、アランさん!血、血が!」
呼吸さえ辛そうなアランさんは、折り曲げた膝と腹部を押さえていました。あれは、銃痕。

「アランさん!」

私は捜し出した薬草で応急措置をしました。

「嬢ちゃん、よく聞いてくれ」
「!…はい」

アランさんは呻きながらも続けます。

「今、ホールに侵入者がいる」
「え、」

「俺が、何人か取りこぼしちまったんだ」
畜生と呟いてから、彼はチェリ子の目を見ていいました。

「逃げろ、嬢ちゃん」
「…な」
「今から、俺が3つ数える。
その間に逃げろ」

にらまれる。
どうすればいい、どうしたい、
どうする?

「行きません!!」

チェリ子が叫ぶと、アランさんはチェリ子の頭をひっぱたきました。

泣くとか、そういう反応を期待してたんだな、この人は。
残念だけど・・・


頭殴られんのは、(長女とかコックとかから)毎日だから、なれてんのよ!!」

アランさん、口をぽっかり開けたまま放心。

「私、行きますから!」

そう告げると、ようやくアランさんが立ち上がります。

「待て、嬢ちゃん!!」

叫ぶアランさんにつばを飛ばし(汚い)、チェリ子は螺旋階段を駆け上りました(3回くらいコケた。)
続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © Love is blind!!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。