Love is blind!!
恋は盲目! 誰に恋するワケでもないけど、敢えて言うなら青春自体に恋してる!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/30(水)   CATEGORY: ナカムーラ家。
ナカムーラ家のお見合い。
皆さん、年賀状は書きましたか?あは、チェリ子は確実に元旦には届きません。ふふ。

ソレより、我がナカムーラ家では、大変なことがおこっているんです!

今日は、臨時でそのお話をいたしましょう。

「政略結婚!?」
「しーっ!」
横に居たナカムーラ家のメンバーに口をふさがれます。あ、危ない。
は、初めて聞きましたよチェリ子!
うっそ・・・。

ホールにセッティングされた何かのパーティー会場。
そこで行われるのは、どうやらお見合い。
長女の。

なんでも、我がナカムーラ家の院政アユお母様の御計らいだそうで・・・
イスに座っている長女も珍しくそわそわしています。唯一横にいるモエさんにフランクフルトの棒を突きつけています


え、何で小声かって?
そんなの、きまってるじゃないですか。
隠れているからです。曲がり角から顔をひょいって出す、ああいうの。
だって、もし長女に見てることばれたら、おしまいですよ。
DEAD OR DEAD!

と、華々しいファンファーレが城内に響き渡ります。
ばたん、と重々しい音がして城の扉が開きました。

そして、舞う花吹雪の中から手を振りながら歩いてきたのは、

「も、モジャ男伯爵!?」
ここでまさかのモジャ男伯爵です。
いやいや。よく後ろを見ると、まだ人影がいますよ。
影は、モジャ男伯爵の頭上を跳び越し(身軽!)、叫びます。

「お招きいただきまして、どうも有難うございます!
シャギリー王国が第4王子、馳せ参じます!」


う、うるせえー!
無駄に声でけー!


「第4王子っていったら・・・」
と、曲がり角から顔を覗かせていたルンさんが呟きます。
「あの、モジャ男(敬称略)の息子にあたるんだよね~」
その後の言葉を紡いだ踊り子リサ。
「ほー、にしても・・・」
第4王子の顔を凝視するマホ。
目を細めながら何か呟いているナカヤス。
鼻で笑う次女。
そして、皆で一言。

「「何であんなに、無駄にかっこいいんだろ」」」

多分親父似のその鳩の巣のような頭はいい感じにまとまり、銀色の髪の毛は光を反射しとてもまぶしいです。
顔のどのパーツも整っており、またその位置さえも完璧。
ちょっと高いかな、位の身長。親父、否、それ以上のルックスです。
通信員のマイさん、見とれていますね。ミーハーだな。
あまりのかっこよさに、前に倒れこんで・・・・
倒れこんで・・・??
ダメじゃん、危ないじゃん!!
こここ、このままじゃ大理石とファーストキス!!

隠れていたメンバーが目をぎゅっとつぶります。哀れ、マイ!
・・・。
・・・・。
・・・・・。
いつまでたっても、倒れこんだ音がしません。
うっすらと目を開けると、

花畑が広がっていました

〔ナカムーラ家、隠れているメンバーの脳内ビジョン〕

マイ「うっ・・・」
倒れこむマイ。
それは、未然に防がれた。誰かに支えられている。
うっすら目をあけるマイ。
広がる、イケメンビジョン。
ビー玉のような目と、視線が絡む。

王子「大丈夫ですか?お嬢さんキラキラ
マイ「は、はいっ」
王子「キミだけを、見ていたいキラキラ
マイ「喜んで・・・!」

〔脳内ビジョン、終了〕

チェリ「おえええええっ!」
ルン 「吐く、吐くって!」
次女 「胸焼けするよ!」
マホ 「うぷ、目に毒だ(悪い意味で)!」
フー 「ああ、バケツバケツ!」
リサ 「マイちゃんなにやってんの?」
倒れこみそうになったマイさんを助けたのは、遠くにいたハズの第4王子。
つかつかとチェリ子たちのほうに歩み寄り、近くに居たナカヤスさんにマイさんを引き渡しました。
そして、そっと口を開きます。

「この結婚が成功すれば、君たちは多額の財産と共にこの城を離れなくてはいけなくなりますね。
どうですか?うちの城で下働きなど。悪いようにはしませんよ?」


第4王子は早口小声でしゃべり、にやりと笑って長女の下へと戻っていきました。
続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © Love is blind!!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。